1. トップ
  2. 先生サポート
  3. iTeachers TV Vol.85 竜ヶ崎二高 髙山 雅子先生(後編)を公開

2017年3月8日

iTeachers TV Vol.85 竜ヶ崎二高 髙山 雅子先生(後編)を公開

iTeachers TVは8日、iTeachers TV Vol.85 茨城県立竜ヶ崎第二高等学校 髙山 雅子教諭の「“Alone〜Together〜All together” 学校現場から始めるICT活用大作戦!(後編)」を公開した。

0308-it85後編は、「産・官・学、小・中・高、地域を巻き込むコラボレーション大作戦」と題してプレゼン。「自分だってヒーローになれるんだ」、多くの生徒にそう思ってほしいと考えた時、情報を教える教員としての自分にできるのは、ICTを活用した教育活動の実践だったと髙山先生。やがてその思いはつながり、大きな輪となっていく。今回は、アプリ開発に関する取組、プログラミング教育への取組、起業家教育への取組として同校で行った実践についての経緯と成果を紹介する。

髙山先生は、1995年から茨城県立高校商業科教諭。校内の情報管理担当として、校内ICT機器の管理と運営を行う。また、授業や部活動を通して、生徒主体のICT活用に日々取り組んでいる。2016年度マイクロソフト教育イノベーター(MIEE)。Intel Teach Program マスターティーチャー養成研修修了。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」は、デジタルハリウッド大学の小松 学史 講師による「デジタルハリウッド大学」。今回紹介するのは、「フラッシュカード」。

小松先生は、2000年から映像やWebサイト制作、CD-ROM制作などを手がけるフリーランスとして活動。同時期に複数のスクールで社会人向けの制作に関するインストラクターを行う。2005年からデジタルハリウッド大学の専任講師としてWebサイト制作やFlashコンテンツ制作に関する指導を行う。現在は大学とネオス株式会社のエンジニアとして従事している。

□ “Alone〜Together〜All together” 学校現場から始めるICT活用大作戦!(後編)

□ “Alone〜Together〜All together” 学校現場から始めるICT活用大作戦!(前編)

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録