1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. アイデアクラウド、VRで地震体験「防災VR/地震編」を発表

2017年3月13日

アイデアクラウド、VRで地震体験「防災VR/地震編」を発表

アイデアクラウドは10日、地震自体や発生時の対処などをVRで体験でき、防災イベントや防災教育などで使える「防災VR/地震編」を発表した。先月リリースされた「防災VR/火災編」に続く「防災VR」の新ラインアップ。

091d4f4dd2「防災VR/地震編」は、地震発生から避難までの流れを体験できるVRコンテンツ。地震が発生した際の初期行動と、揺れがおさまった後の避難、さらに余震への対処などを体験することができる。

「防災VR/地震編 for Instant」は、地震発生時の対処を60秒で体験できるVRコンテンツ。突然揺れるベッドルームやキッチンなどの身近な場所で、揺れがおさまるまでの対処を60秒で体験することが可能。

「防災VR/地震編 for Kids」は、地震の恐ろしさと、机の下に隠れるなどの身を守る行動の重要性を体験できる啓発的なコンテンツ。子どもでも体験できるように、単眼のVRHMDに対応。

体験場所のCGはオプションで変更できるので、日頃活動している場所をモチーフにした空間で擬似体験をすることができる。また、任意の波形を使って部屋を揺らすことができるので、実際に起きた地震に近い揺れを表現することもできる。VRでコンテンツ化することで、起震車などに比べて場所を選ばす、低コストで導入が可能なため、多くの人に地震を体験してもらうのに役立つと考えられる。

同社では、本格的な訓練から子ども向けの災害擬似体験まで、あらゆるニーズに対応したパッケージ製品として「防災VR/津波編」や「防災VR/洪水編」の制作も予定している。

関連URL

防災VR/地震編

防災VR/火災編

実践校による活用事例報告 ICT教育研究会 with Classi 3月20日 明星中学校・高等学校
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21