1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学習管理システム「Moodle」の運用状況診断サービスを開始

2017年3月15日

学習管理システム「Moodle」の運用状況診断サービスを開始

イオマガジンは14日、学習管理システム「Moodle」の運用状況診断サービスを3月から開始したと発表した。

85467d15bf正式Moodleパートナーのイオマガジンでは、Moodleを利用しているがシステム管理者が不在でメンテナンスができない、などの悩み相談に応じる。

世界中の開発者がチェックを行っているMoodleは最新版へとアップデートすることでセキュリティ対策が万全となる。構築されたまま数年間アップデートを行っていないMoodleは、ソフトウェアの状態を診断したほうがいいという。

カスタマイズを行ったMoodleはバージョンアップができない場合もあるが、同社ではそうした際のアドバイスや、構築まではできたが運用が難しい、操作が分からないといった相談も受け付ける。

関連URL

イオマガジン

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録