1. トップ
  2. 先生サポート
  3. iTeachers TV Vol.86 ネットマン社長 永谷 研一氏(前編)を公開

2017年3月15日

iTeachers TV Vol.86 ネットマン社長 永谷 研一氏(前編)を公開

iTeachers TVは15日、iTeachers TV Vol.86 ネットマンの永谷 研一代表取締役社長による「学生のスマホを活用したアクティブラーニング(前編)」を公開した。

0315-itC-Learningは一方方向になりやすい授業で、学生のスマホを使うことによって協調学習環境を実現することができるツール。C-Learningにはアンケート、小テスト、ドリル、教材倉庫、協働板、相談室、レポート、ニュースなどの機能がある。特にクイックアンケートはその場でパッとすぐに始められる簡単なアクティブラーニング用のツール。大人数の講義においてどのように双方向授業が実現しているかを紹介する。

永谷氏は、1966年静岡生まれ。2001年から携帯を活用したアクティブラーニングを手がけるICT活用教育のパイオニア。行動変容を支援するITシステムを考案し日米で特許を取得。1万人以上の行動実践データを分析し行動習慣化メソッド「PDCFAサイクル」を開発。多くの企業や学校で活用される。著書『絶対に達成する技術』『できたことノート』など。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」は、玉川大学の小酒井 正和 准教授による「授業で使える!ツール活用講座」。今回紹介するのは、「コンピューターなしでプログラミング体験」。

小酒井先生は、玉川大学工学部マネジメントサイエンス学科准教授。博士(経営学)。専門は管理会計、IT マネジメント。1998年から青山学院大学でeラーニング授業開発プロジェクトに参加し、ビジネス演習コースの教材やITシステムの開発を担当。現在では、iPhoneやiPadを使った学生とのインタラクティブな授業を実践。

□ 学生のスマホを活用したアクティブラーニング(前編)

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ