1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 城南予備校、電子黒板で授業する「アクティブループ」本格始動

2017年3月15日

城南予備校、電子黒板で授業する「アクティブループ」本格始動

城南予備校は14日、予備校講師が作成した「動画・イラスト」を含むデジタルコンテンツを使って電子黒板で授業する「アクティブループ」を、17日開講の春期講習から本格的に始めると発表した。

headimage電子黒板を使うことで講師の板書時間・生徒のノートへの書き取り時間の不要な部分を解消。従来の講義時間を半分に短縮した。

生徒はノートをとる作業にとらわれることなく説明に集中でき、それにより演習に時間をかけることで、短時間で多くの単元を学ぶことができるという。また、電子黒板ならではの「動画・イラスト」が生徒に重要ポイントを強く印象付けもできる。

「アクティブループ」では、「授業→演習」といった「インプット→アウトプット」を授業時間内で交互に行うため、集中力が途切れることなく学習内容を定着させることができる。

関連URL

アクティブループの詳細

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ