1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 幼児・初等教育向け「そろタッチパートナープログラム」の募集開始

2017年3月16日

幼児・初等教育向け「そろタッチパートナープログラム」の募集開始

Digikaは15日、幼児・初等教育機関向けに「そろタッチパートナープログラム」の募集を開始したと発表した。

czMjYXJ0aWNsZSMyNDgxNyMxNzk0NDIjMjQ4MTdfaFpDU2p2U2hZby5wbmc同プログラムは2月からスタート。パートナー第1号のアフタースクールワイズ学芸大校では2月からトライアル授業を実施、4月からワイズ全11校で「そろタッチコース」を開講する。

「そろタッチ」は、数を珠で思い浮かべ計算するイメージ暗算を短期効率的に身につけるアプリ教材。そろばんから進化したタッチ式で、iPadに両手でタッチして操作する。動画で学び、ランキングやゲームなど楽しい機能が数多く用意されている。

東京飯田橋・青山にある「かるトレ教室(ラボ校)」に通う400人以上の生徒の実績と、学習履歴データ分析による新しいカタチの暗算学習メソッドで、効率的に子どもの学習をサポート。

そろタッチパートナープログラムでは、iPadを使った世界初の暗算学習法を、様々な分野で質の高いサービスを開発・提供している幼児・初等教育機関とのコラボレーションにより、STEM教育の土台となる「計算力の向上」と、幼少期からの「数字に対する自信と関心の獲得」を多くの子どもたちに広げていくという。

今回、独自に開発されたパートナー向けシステムにより、クラスやグループ全体の進捗が定量的に把握できるほか、クラス対抗ランキング、個人ランキングなど、様々な機能により、ゲーム感覚で子供たちの暗算学習を促進することが可能となった。

「そろタッチ」は2年半の開発期間を経て、2016年10月から一般公開し、ネット生の受付を開始した。同年12月から東京大学生産技術研究所とAIを用いた学習履歴データの解析による「そろばん式暗算」学習プログラムの共同研究も行っている。

関連URL

Digika

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録