1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. HAL学生が制作したゲーム17作品がNTT西日本「光BOX+」で配信

2017年3月17日

HAL学生が制作したゲーム17作品がNTT西日本「光BOX+」で配信

専門学校HALは16日、NTT西日本との産学連携プロジェクトを実施し、同学ゲーム学部の学生が制作したゲームアプリ17作品を、今月9日からNTT西日本が提供する新型「光BOX+」で配信開始したと発表した。

d11137-92-214905-0「光BOX+」は、NTT西日本が提供する、映像サービスやインターネットをTVで利用できるSTB (セットトップボックス)。2016年4月に提供された新型「光BOX+(HB-2000)」では、音声認識・対話機能追加による「声」での操作や、Bluetooth対応によるさまざまなデバイスとの連携が可能になり、「IoT STB」としてユーザに利用されている。

今回で2回目となる両社の産学連携プロジェクトは、NTT西日本の担当者のオリエンテーションから始まり、学生が企画・提案を行い、試作ゲームを持ち寄ってテストプレイを実施した。その中から、前回 (2014年) の15作品を上回る17作品が、実際のリリースに値する品質と認められ提供されることとなった。17作品中優秀6作品が集約アプリに掲載される。

関連URL

HAL

NTT西日本「光BOX+」

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録