1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. Appleのプログラミング学習アプリが日本語に対応

2017年3月22日

Appleのプログラミング学習アプリが日本語に対応

Appleは21日、パズルなどを解きながら、コードの基本が学べるアプリ「Swift Playgrounds(スウィフト・プレイグランド)」が日本語などに対応したと発表した。

Swift Playgrounds

Swift Playgrounds

「Swift Playgrounds」は、同社が作ったプログラミング言語「Swift」を使ったプログラミングのレッスン、パズル、そして課題を通してコードの基本を学ぶことができる。

今回、これまで対応していた英語のほかに、新たに日本語と中国語(簡体字)、フランス語、ドイツ語、ラテンアメリカのスペイン語に対応した。

「Swift」は、iOS、Mac、Apple TV、Apple Watch向けのアプリを開発するために作られたプログラミング言語。プロのアプリ開発者にも利用されているという。

関連URL

Swift Playgrounds

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • IT+教育最前線2017 次世代の教育インフラ紹介セミナー 東京7/21 大阪7/28 広島8/10 福岡9/8
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録