1. トップ
  2. 先生サポート
  3. iTeachers TV Vol.87 ネットマン社長 永谷 研一氏(後編)を公開

2017年3月22日

iTeachers TV Vol.87 ネットマン社長 永谷 研一氏(後編)を公開

iTeachers TVは22日、iTeachers TV Vol.87 ネットマンの永谷 研一代表取締役社長による「PDCFAサイクル5つの技術① “達成する目標設定とは”」を公開した。

0322-iT後編では少し趣向を変えて、永谷氏の著書から「目標設定の仕方」をレクチャー。目標達成のための行動習慣化プログラム「PDCFAサイクル」は、現在121社の人材育成に活用されている。変化の激しい多様性の時代に必要な能力として、経験から学び自分で考え行動を変えていく習慣が重要。

「PDCFAサイクル」5つの技術は、P:目標を立てる技術 D:行動を続ける技術 C:行動を振り返る技術 F:人から吸収する技術 A:行動を変える技術。今回はその中のP:目標を立てる技術を説明する。参考図書は、「絶対に達成する技術」(KADOKAWA)。

永谷氏は、1966年静岡生まれ。2001年から携帯を活用したアクティブラーニングを手がけるICT活用教育のパイオニア。行動変容を支援するITシステムを考案し日米で特許を取得。1万人以上の行動実践データを分析し行動習慣化メソッド「PDCFAサイクル」を開発。多くの企業や学校で活用される。著書『絶対に達成する技術』『できたことノート』など。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」は、聖徳学園中学・高等学校の品田 健先生による「No Music, No (school) Life.」。今回紹介するのは、「サンプラーアプリ」。

品田先生は、東京学芸大卒。桜丘中学・高等学校で副校長、次世代教育開発担当参与として、学校でのiPad活用を推進した後に退職。2015年からApple Distinguished Educator 。現在はフリーランスとしてiPadの導入や活用についてのアドバイザーやセミナー講師をつとめつつ、2016年11月から聖徳学園中学・高等学校で非常勤のExecutive ICT Directorに就任。

□ (後編)PDCFAサイクル5つの技術① 「達成する目標設定とは」

□ (前編)学生のスマホを活用したアクティブラーニング

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録