1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. TOEIC模試のeラーニング「u-CAT」が新形式対応で4月にリリース

2017年3月23日

TOEIC模試のeラーニング「u-CAT」が新形式対応で4月にリリース

朝日出版社は、TOEIC対策eラーニング「u-CAT (ユーキャット)」を、新しくなった「TOEIC Listening & Reading Test」に対応した「u-CAT LR」として、4月1日に発売する。価格は1人・1年間3800円 (税別)。

同製品は、実際のTOEICテストを実施・運営する韓国YBMsisaグループが開発し、朝日出版社が日本向けにカスタマイズした学習アプリで、4回の模擬テストと3回の弱点克服学習を受けることができる。「u-CAT」の名前の由来でもあるCAT (コンピュータ適応型テスト) とIRT (項目反応理論) によって、模擬テストで正確な実力分析をした上で、ユーザー一人ひとりに最適な弱点克服学習を提供する。

日本国内の企業研修教材や英語力測定、内定者研修、自己啓発教材として、企業・官庁・大学などで採用されている。研修形態に合わせて、3カ月、6カ月、1年間など自由にスケジュール設定も可能。

Windows PCに加えてiPhone・Androidなどのスマートフォン・タブレットで学習できる「u-CAT LR for Mobile/PC」は、管理者から受講者へ受講喚起メッセージなどをPush通知で配信できる機能を搭載した。

サーバーは朝日出版社サイドで完全管理されるので、新たなシステムの導入は必要ない。学習者のスコア管理、進捗状況も簡単に管理でき、学習者の氏名、メールアドレスがあれば、即座に研修を開始することができる。

関連URL

「u-CAT」の詳細

高校生向け学習支援クラウドサービス Classi dounyuukou 
1800校以上! 有料利用者数70万人を突破!
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用最新情報誌 チエルマガジン 無料購読はこちら
  • IT+教育最前線2017 次世代の教育インフラ紹介セミナー 東京7/21 大阪7/28 広島8/10 福岡9/8
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録