1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. アンドールが千葉の小学校で3Dモデル作成ソフトを使った授業を実施

2017年3月2日

アンドールが千葉の小学校で3Dモデル作成ソフトを使った授業を実施

アンドールは、千葉県内の小学校で、同社の3Dモデル作成ソフト「ぶろっくめーかー」を使ったデモ授業を実施したと発表した。

「ぶろっくめーかー」は、プログラミング学習と3Dモデルの作成が行えるソフト。ビジュアル化されたコマンドつなぎ合わせ、子どもでも簡単にプログラミングを学ぶことができる。また、正方形のブロックを積み重ねるだけで、3Dモデルを作成することもできる。

2月14日に実施した小学校でのデモ授業では、小学校4、5年の15名に対し、「ぶろっくめーかー」の最新版となるVer2.0を使った3Dモデルの作成などを行った。

関連URL

アンドール

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録