1. トップ
  2. データ・資料
  3. 1日の平均利用時間が最も長いSNSは「LINE」

2017年3月3日

1日の平均利用時間が最も長いSNSは「LINE」

ジャストシステムは2日、同社の情報サイト「Marketing Research Camp」で実施した「SNS利用に関する実態調査」の結果を発表した。

同調査は、10代から60代の男女1247名を対象に、2月24日~27日にかけて、ネットリサーチサービス「FasTask」を利用して行われた。

調査結果では、「Twitter」「LINE」「Facebook」「Instagram」のそれぞれのSNS利用者のうち、「動画を投稿、または視聴したことがある」人の割合は、「Twitter」(77.5%)、「LINE」(69.2%)、「Facebook」(67.9%)、「Instagram」(76.4%)で、「Twitter」が最も動画への接触率が高いことがわかった。

また、複数アカウントを持つ「Twitter」利用者の約3割は「趣味趣向に合った広告を見ることが多いので不快感は感じない」と広告に肯定的という結果に。

1日の平均利用時間が最も長いSNSは「LINE」の64.4分で、特に10代の利用時間は90.5分だった。次いで、「Twitter」(61.5分)、「Instagram」(55.2分)、「Facebook」(47.2分)となった。また、「LINE」利用者の4割が「LINE NEWS」を利用していた。

主に情報発信目的で利用している人の割合が最も高いSNSは「Instagram」、特に10代と20代で高かった。また、「Instagram Stories」利用者の7割に「ライブ動画」の視聴経験があった。

スマートフォンユーザーに最も使われているSNSは、いずれの年代も「LINE」で、特に10代では93.0%が利用。2位は、10代と20代では「Twitter」、30代~60代では「Facebook」。「Facebook」利用者の4人に1人が「TV用動画アプリ」を認知していた。

関連URL

調査結果レポート

実践校による活用事例報告 ICT教育研究会 with Classi 3月20日 明星中学校・高等学校
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21