1. トップ
  2. データ・資料
  3. 「ゲームを使ったプログラミング学習」に85%の母親が賛成

2017年3月7日

「ゲームを使ったプログラミング学習」に85%の母親が賛成

学研プラスは6日、子どもを持つ30~40代の女性221人を対象に実施した「子どもの習い事とプログラミング教育」に関するアンケートの結果をまとめ発表した。

d2535-1016-402474-0それによると、「子どもが現在習っている、あるいは、この春から習わせてみたい習い事」の第1位は「英会話」(25.3%)、第2位は「水泳」(19.9%)という結果に。一方で、「とくに習わせる予定はない」と42.5%の母親が回答した。

また、2020年度から必修化が予定されている「プログラミング」は第10位。「サッカー」や「ダンス」と同じ順位だった。

「子どもの習い事に期待することは何ですか?」という質問には、「礼儀やマナー、社交性を身につける」が38%で第1位。僅差で「好きなことや得意なことを見つける・伸ばす」「自分に自信をつける」が続いた。

d2535-1016-772518-3さらに、いま注目を集める「プログラミング教育」についてのアンケートを実施。子どもたちの間で人気のゲーム「マインクラフト」を、67.4%の母親が「知らない」と回答。

母親には認知度の低い「マインクラフト」だが、「ゲームを教材として子どもにプログラミングを学ばせること」には約85%の母親が賛成だった。

その理由として、「自宅でマインクラフトをやっていますが、楽しみながら創造力がつき、作る力を養えると思うため」「興味があるゲームなら、集中して取り組んでくれそうだから」など、子どもが興味を持ちやすいゲームを通じて、将来に必要なスキルを学んでほしいという意見が多数あった。

一方で反対派からは、「ゲームは教材にならないと思うから」「プログラミングよりも、道徳に時間を割くべきだと思う」「子どものころから液晶画面を見させたくない」などの意見があった。

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 簡単設定・安心安全 学校のタブレットセキュリティ チエル WinKeeper TB
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録