1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 19言語を即翻訳、AI対応のダイバーシティ・コミュニケーションツール

2017年3月9日

19言語を即翻訳、AI対応のダイバーシティ・コミュニケーションツール

富士通と富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、聴覚障がい者参加型コミュニケーションツール「FUJITSU Software LiveTalk」に、AIを搭載した翻訳エンジンへの対応を行うなど、多言語に対応するための機能を追加し、8日から、ダイバーシティ・コミュニケーションツールとして新たに提供を開始した。

 多言語自動翻訳 利用イメージ

多言語自動翻訳 利用イメージ

「LiveTalk」は、学校での授業や企業での会議などで、発話者の発言を音声認識し、即座に複数の端末にテキスト表示することで、聴覚障がい者を含む参加者全員のリアルタイムなコミュニケーションを可能にするソフト。

従来の「LiveTalk」は日本語のみの対応だったが、新たに多言語の音声認識と、AIを搭載した翻訳エンジンに対応。発話と同時に翻訳結果を表示する富士通SSLの独自技術と組み合わせることで、さまざまな言語間でのリアルタイムなコミュニケーションを可能にした。

この多言語への対応により、聴覚障がい者とのコミュニケーションだけでなく、外国籍の児童生徒とのコミュニケーションも支援する、ダイバーシティ・コミュニケーションツールとして今後は同製品を展開していく。

 従来方式の自動翻訳との比較イメージ

従来方式の自動翻訳との比較イメージ

音声認識と自動翻訳に対応するのは、日本語のほか、英語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語、フランス語、スペイン語、アラビア語、ロシア語、ポルトガル語、ドイツ語、イタリア語、ポーランド語、オランダ語、デンマーク語、フィンランド語、スウェーデン語、ノルウェー語、カタロニア語の全19言語。

そのうち、日本語・英語・中国語(簡体字)・フランス語・スペイン語・アラビア語・ロシア語・ポルトガル語・ドイツ語・イタリア語の10言語は、AIを搭載した翻訳エンジンに対応し、より高精度の翻訳が可能だという。

「FUJITSU Software LiveTalk」の販売価格は、1クライアントで5万円、5クライアントで20万円。

スマートデバイスで利用の場合、保守サービス契約が必須で、「FUJITSU Software LiveTalk」の保守サービスの年額費用は、1クライアントで1万円となっている。

関連URL

富士通

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ