1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. LGWAN向けESETウイルス定義データベース配信サービス提供開始

2017年4月5日

LGWAN向けESETウイルス定義データベース配信サービス提供開始

キヤノンITソリューションズは3日、ESETの官公庁向けライセンス利用者を対象に、総合行政ネットワーク(LGWAN)用のESET 定義データベース配信サービスを提供開始した。

LGWAN上でESET Endpoint Protectionシリーズの官公庁向けライセンスを利用しているユーザーに対して、無償でESETのウイルス定義データベースを配信するサービスを提供するもの。

これにより、20年以上の歴史を持ち、第三者機関から高い評価を受ける新種・亜種のマルウェア検出機能を搭載したESETを、LGWANに接続するPCやサーバーでも利用することができるという。

総合行政ネットワーク(Local Government Wide Area Network:「LGWAN」)は、地方公共団体の組織内ネットワークを相互に接続し、地方公共団体間のコミュニケーションの円滑化、情報の共有による情報の高度利用を図ることを目的とする、高度なセキュリティを維持した行政専用のネットワーク。このネットワークはインターネットから分離しているため、ウイルス対策ソフトの定義データベースを、インターネット経由で自動的に更新することができない。

サービス利用料は無償。
対象製品は下記ライセンス。
ESET Endpoint Protection Advanced 官公庁向けライセンス
ESET Endpoint Protection Standard 官公庁向けライセンス

立命館守山中学校・高等学校 ICT公開授業研究会 6.24 with Classi お申込みは6月20日まで
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • IT+教育最前線2017 次世代の教育インフラ紹介セミナー 東京7/21 大阪7/28 広島8/10 福岡9/8
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録