1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 中高生のための3DCGデザインワークショップを23日に開催

2017年4月10日

中高生のための3DCGデザインワークショップを23日に開催

ライフイズテックは、3DCG制作での代表的なソフトウェア「Autodesk Maya」を提供するオートデスクと国内唯一のCG・映像専門誌「CGWORLD」の協力のもと、中学生・高校生のための3DCGデザインワークショップ「Maya 3DCG Special 1day」を4月23日に開催する。

20170407_1同イベントは、映画やゲームの世界だけでなく、医療分野などのさまざまな分野でも活用が進む3DCGを1日体験するもの。3DCG制作でプロのクリエイターが使用する代表的なソフトウェア「Maya」を基礎から学び、オリジナルの3DCGを作り動かすことができる。

3DCG技術は、多様な分野で必要不可欠な技術とされ世界で注目されているが、映像制作のほか、ゲームなどのクリエイター分野、建築、設計、広告、Webなど、どの業界でも3DCG技術をもった人材が求められているという。

今回のワークショップは、「カタチにイノチを吹き込もう」をテーマに、中高生がクリエイターとなって3DCGを作る楽しさを学び、体験を通じてデジタルコンテンツの消費はもちろん、制作にも価値を見出せる人材になることが目的だという。

ワークショップの概要

開催日時:4月23日(日)10:00~18:00
開催会場:オートデスク本社 [東京都中央区晴海1-8-10晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX24F]
実施コース:Maya 3DCGコース
参加者:全国の中学生、高校生(定員40人)
参加費:無料(PCやMayaでの開発に必要な機材やソフトは主催者側で用意)

詳細・申込

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 英語の4技能を徹底支援 語学学修ソリューション CALL+MALL
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録