1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. メキシコシティ教育委員会が公立中学校200校にQuipperを採用

2017年4月19日

メキシコシティ教育委員会が公立中学校200校にQuipperを採用

リクルートマーケティングパートナーズは18日、同社の海外子会社Quipper Limitedがメキシコシティ教育委員会と提携、公立中学校200校で模試とオンライン学習動画サービス「Quipper VIDEO」の採用が決定したことを明らかにした。

d25184-19-258688-1Quipperが提供する模試と映像授業サービスを導入することで、経済格差の解消と学力向上に取り組むことを狙っている。導入が決定した200校の9割以上は低所得者の子どもが通う地域にある。6~7月にかけて行われる全国統一能力試験を前に、各校の学力の測定と向上を目指すとしている。

「Quipper VIDEO」は、各国の経験豊富な講師の授業動画を、いつでもどこからでもオンラインで受講できる動画サービス。圧倒的低価格で提供することによって、より多くの学生に最高の教育を提供することを目的としている。

また「Quipper School」サービスを提供。教師向けに宿題や授業中の課題に必要なコンテンツを提供するプラットフォームで、教師が手作業でやってきた丸付けや進捗管理業務をオンライン化して手助けする。

さらに、長年実際の高校受験試験の設問を作成してきたプロフェッショナルが作成した模試を提供する。模試結果と合わせて、学生には個々の苦手項目の分析や受験対策プランを提供。教師陣には各組の苦手科目や項目の分析レポートを提供する。

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録