1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 多言語データ作成「Conyac DATA」が音声データを取り扱い

2017年4月20日

多言語データ作成「Conyac DATA」が音声データを取り扱い

エニドアは19日、機械学習用の多言語データを作成するサービス「ConyacDATA」での音声データ取り扱いを、同日から開始したと発表した。

今回の「音声データ」サービスは、 8万5000人のバイリンガルの特性を活用し短期間で大量の音声データの作成ができる。また、クラウドソーシングサービスを活用し低コストでの作成も可能。

世界100カ国の各言語に対応し、同社AIに知見のある専門スタッフが対応する。なお、データ量や分野に応じた料金が発生する。

「音声データ」を導入した企業は、AI向け機械学習用の大量のデータ作成依頼・結果取得作業を自動化することで、業務の効率化と継続的なデータの作成・学習が可能になるという。

「音声データ」の活用例をみると、まずは、音声認識の精度向上 (想定:音声翻訳サービスなど)が挙げられる。あらかじめ用意した文章を指定された言語がネイティブなバイリンガルが読み上げ、専用の音声アプリで録音。その音声データを解析して音声認識の精度向上を図るために活用する。

また、 コンピューターの回答精度向上 (想定:チャットボットなど)にも活用できる。現地ネイティブに発話文の考案を依頼。1文あたり複数の発話文を作成することで、音声で問われた質問内容に対しコンピューターが適切な回答を提示するための精度向上を図るために活用する。

「Conyac」は、バイリンガルに仕事が発注できるクラウドソーシングサービスで、8万人以上が登録。 2009年のサービス開始以来、 数多くの仕事がプラットフォーム上でマッチングされているという。

関連URL

「ConyaDATA」

ClassiのIDひとつで!さまざまな教育サービスを利用可能にする Classiプラットフォーム 2018年4月よりスタート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録