1. トップ
  2. データ・資料
  3. 受験生約4万人が「関心を持った大学」1位は関東・早稲田大、近畿・関西大

2017年4月26日

受験生約4万人が「関心を持った大学」1位は関東・早稲田大、近畿・関西大

フロムページは25日、テレメール全国一斉進学調査の結果を発表した。2017年度入試の最新データでは、全国の受験生約4万人が関心を持った大学は、関東は「早稲田大学」、中部は「名城大学」が2年連続で1位。近畿では「関西大学」が昨年の2位から1位となった。

フロムページでは、大学進学の実態を可視化するために2013年からテレメール全国一斉進学調査を実施している。アンケートの回答内容は、進路決定の過程を改善するための重要な情報として多くの高等学校で活用されているという。

前回初めて進学調査の一部を公表したところ多くの反響があったので、引き続き2017年4月3日に締め切ったばかりの2017年度入試の受験生最新データをリリースした。

受験生の在住エリアごとに進路選びにあたり、関心をもった大学の上位5大学(後述に上位20大学)までを前回との比較にて示したもの。

0426-tm1

全国的に関心を持たれた大学は「早稲田大学」、 西日本では「立命館大学」と変わらず。上位20大学に広げた場合「早稲田大学」が全エリア、「立命館大学」は西日本を中心に挙がっており、広範囲で多くの受験生から人気のある大学だったといえる。

0426-tm2

調査概要

調査方法
フロムページが展開する「テレメール」の利用者のうち、当該年度の受験生(2017年度のセンター試験受験者数は、575,967人)となる約51万人に対し、フロムページが発行する媒体での告知やメール、ダイレクトメールなどの送付。
調査期間を2016年10月5日(水)~2017年4月3日(月)に設定し、2017年4月からの進路が決まった人に、Web上のアンケートフォームで回答を求めた。
回答者数および、有効回答者数
第5回テレメール全国一斉進学調査(2017年度)実績 回答者数 4万1076人 有効回答者数 3万9766人

関連URL

フロムページ

テレメール進学サイト

高校生向け学習支援クラウドサービス Classi dounyuukou 
1800校以上! 有料利用者数70万人を突破!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 簡単設定・安心安全 学校のタブレットセキュリティ チエル WinKeeper TB
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録