1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本初の「機械学習ハードウェア専門書」が発刊

2017年4月26日

日本初の「機械学習ハードウェア専門書」が発刊

インプレスR&Dは25日、日本初の機械学習ハードウェア専門書「Thinking Machines 機械学習とそのハードウェア実装」(著者:高野茂幸)を発行したと発表した。

Amazonの解説

同書は、急速に研究が進んでいる機械学習専用ハードウェアについて、その開発方法や各研究機関の動向、各国の概要をまとめた日本で初めての書籍。

機械学習の基礎的な情報だけでなく、ハードウェア実装する際のポイントなどを掲載。付録では機械学習の技術的な側面に加えて社会に与える影響についても考察している。機械学習の最新動向を把握できる開発者必読の一冊だという。

内容は、機械学習と実装方法、機械学習ハードウェア、機械学習モデルの開発、ハードウェア実装の事例、ハードウェア実装の要点などの8章建て構成。また付録では、中国、米国、欧州、日本の国別の研究開発動向も掲載している。

著者の高野茂幸氏は、2008年三洋半導体に入社。その後ドワンゴを経て、現在は電気・電子機器メーカー研究所勤務。デジタル信号処理プロセッサーの設計開発からビデオトランスコーダーの開発などの傍ら、次世代プロセッサーの一つである自立型再構成可能プロセッサーの個人研究に携わっている。

同書は、次世代出版メソッド「NextPublishing」を使用し、出版。小売希望価格(税別)は電子書籍版1300円、印刷書籍版1800円。電子書籍版フォーマットはEPUB3、Kindle Format8。印刷書籍版はB5判、モノクロ、本文178ページ。

関連URL

「Thinking Machines 機械学習とそのハードウェア実装」

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ