1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 筑波大法科大学院、「Zoho CRM」で学生主軸の情報共有イノベーション

2017年4月29日

筑波大法科大学院、「Zoho CRM」で学生主軸の情報共有イノベーション

ゾーホージャパンは28日、同社が提供するクラウド型顧客管理・案件管理サービス「Zoho CRM」を筑波大学法科大学院が導入したと発表した。

file410同大学院では、課題だった「学生を軸にした情報の一元管理」を実現するため、顧客管理システムの導入を決定し、「堅牢なセキュリティ」「厳しい予算条件をクリアできる価格」「教員が全学生の情報を引き出せる情報の一元管理の仕組み」という条件を満たしていた「Zoho CRM」の採用に至ったという。

導入により、学生情報を教員間でリアルタイムに、簡単に確認できるようになり、個々の学生に合った形での指導が可能になったという。今後は、合格者のデータを蓄積することで、成功パターンなどの分析に生かしていく予定。

関連URL

筑波大学法科大学院の事例サイト

クラウド型顧客管理・案件管理サービス「Zoho CRM」

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ