1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 2画面電子ペーパー楽譜専用端末と電子楽譜のクラウドサービスを提供

2017年4月6日

2画面電子ペーパー楽譜専用端末と電子楽譜のクラウドサービスを提供

テラダ・ミュージック・スコアは、2画面電子ペーパー楽譜専用端末「GVIDO」と電子楽譜の管理が可能となるクラウドサービス、純正アクセサリーの提供を9月20日から開始する。

d19311-3-613319-0電子楽譜専用端末「GVIDO」は、2016年6月に開発・発表したものに、大幅な機能改善を加えた製品。新たにMobius13.3型フレキシブル電子ペーパーを搭載することで、書き換えスピードやコントラストが向上し、大型2画面ながら薄型軽量で楽譜とほぼ同じサイズを実現した。

また、ワコムと共同でGVIDOスタイラスペンを開発し、2画面ともペンの書き込み、消去の使い勝手を向上させた。

ページめくりは、独自の赤外線スイッチを搭載し、ユーザーの使い勝手に合わせて機能を調整できるようになった。電子楽譜のファイル形式はPDFに対応し、楽譜を複数の手書きやブックマークなどとともに保存することができる。内蔵メモリーに加えマイクロSDカードスロットも搭載し、大量の電子楽譜を待ち運ぶことも可能。また、Wi-Fi機能でGVIDOクラウドサービスと接続して、楽譜の保存や購入もできるようになる。

同時に提供を開始するGVIDOクラウドサービスは、マイライブラリーと電子楽譜ストアの2つの機能を備え、電子楽譜の管理だけでなく、登録されたメンバーとの共有機能を実現する。

さらに電子楽譜専用端末の発売に合わせて、フットスイッチ、牛革カバー、スタイラスペンなどの GVIDO純正アクセサリーの発売も行う。

同社では、今月5日~8日にドイツのフランクフルトで開催される、楽器と音楽の国際見本市「musikmesse (ムジークメッセ)」に、電子楽譜専用端末や純正アクセサリーを出展する。

関連URL

GVIDOとサービスに関する最新情報

立命館守山中学校・高等学校 ICT公開授業研究会 6.24 with Classi お申込みは6月20日まで
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • IT+教育最前線2017 次世代の教育インフラ紹介セミナー 東京7/21 大阪7/28 広島8/10 福岡9/8
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録