1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 明星中学校、英語学習用AIロボット「Musio」を授業に導入

2017年5月1日

明星中学校、英語学習用AIロボット「Musio」を授業に導入

明星中学校・高等学校は4月28日、英語学習用AIロボット「Musio(ミュージオ)」を、私立中学校としては日本で初めて授業に導入したと発表した。

0430-ms本年度から本格的に活用を始め、現在は週5コマある英語の授業時間に週2回ほど利用している。活用にあたっては、「Musio」のコンテンツ開発などを手掛けるGLOBAL VISIONと協力しながら、実際の現場で使用した状況をフィードバックすることで、より使いやすく機能改善していくという。

「Musio」は、人工知能エンジンおよび人工知能ソーシャルロボットを開発しているAKA LCCが開発した、ディープ・ラーニング基盤の人工知能エンジンを搭載したロボット。そのため、人間のように見たり、聞いたり、感じたりすることができる。顔認識、声紋分析機能もついているため、もともと用意された文章で返答するのではなく、一人ひとりを把握して会話することが可能。また、それらに基づいて自ら考えてコミュニケーションすることができるのが最大の特徴。

明星中学校・高等学校ではこれからのICT教育を考えるにあたり、まずはAIロボットに触れるきっかけにと2017年1月に「Musio」を導入。AIおよびICTを使用する必然性を備えた環境を整え、将来的には、それらをツールとして使いこなせる生徒を育成することを目的としている。導入から3カ月で学内にも浸透したことを機に、今年度からは新しい使い方のアイディアも検討している。

現在は、週5コマある英語の授業時間内で、概ね週2回利用している。生徒が使い慣れた段階で、生徒が自由に使える時間を増やしていき、生徒の発話量を増加させるとともに、「(非人間との)リアルな英会話」を通して「実践で使用できる本物の英会話力」を養っていく。

今後は、授業以外での活用も視野に入れている。例えば校舎のエントランスで「Musio」に「朝の挨拶運動」をさせるなど、AIロボットと共生している環境を整えることで、生徒の「Musio」への興味関心を高めるとともに、英語学習およびAIやICTへの興味関心も高めたいと考えているという。

さらに、出欠管理機能なども追加される予定であり、コンテンツ開発を手掛けるGLOBAL VISIONは、「学習面だけではなく、教育現場のパートナーとして『Musio』の活躍を期待している」と話す。

同校では今回の導入を機に、明星幼稚園、明星小学校での活用も検討している。

関連URL

明星中学校・高等学校

Musio

GLOBAL VISION

高校生向け学習支援クラウドサービス Classi dounyuukou 
1800校以上! 有料利用者数70万人を突破!
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ