1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. パイオニアVC、「xSync Classroom」の学習データ記録機能を強化

2017年5月11日

パイオニアVC、「xSync Classroom」の学習データ記録機能を強化

パイオニアVCは10日、文部科学省や総務省が進めるスマートスクール構想での活用を視野に、2017年夏に発売する学校向け統合型ICT教育ソリューション「xSync(バイ シンク) Classroom」の学習データ記録機能を強化すると発表した。

「xSync Classroom」は、2017年冬から日本マイクロソフトが提供する統合型情報共有クラウドサービス「Office 365 Education」とのサービス連携を拡大。新たに、普通教室で一斉学習や協働学習に取り組む過程で生み出される児童・生徒の様々な学習データが、個人・教科ごとに自動登録、パーソナルポートフォリオとして「OneNote」で一元管理されるようになる。

児童・生徒は、いつでも過去の学習記録の振り返りができるようになり、家庭での持ち帰り学習にも活用しやすくなる。教員も、児童・生徒のパーソナルポートフォリオのデータに基づいて、学習の質的評価や授業用資料の更新ができるようになり、将来的には校務支援システムとの連携で、指導要録などの校務業務を効率化できるようになるという。

従来の「xSync」では、「xSync」を活用した授業の学習データ以外は記録できなかったが、「xSync Classroom」では、普通教室での一斉学習・協働学習で蓄積されたデータに、自動的にタグ情報を付与し、パーソナルポートフォリオとして記録できるようになる。

また、今後はマイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」との連携などで、パーソナルポートフォリオに蓄積された学習データの分析・解析などの機能追加にも取り組んでいくという。

0511-pa

関連URL

xSync Classroom

高校生向け学習支援クラウドサービス Classi dounyuukou 
1800校以上! 有料利用者数70万人を突破!
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ