1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 青山学院大、ソニーのデジタルペーパー新モデルを導入

2017年5月16日

青山学院大、ソニーのデジタルペーパー新モデルを導入

ソニービジネスソリューションは15日、6月に発売のデジタルペーパーの新モデル「DPT-RP1」を先行して青山学院大学に納入、4月から稼働開始していると発表した。

青山学院大学様授業風景

青山学院大学授業風景

学生の主体的学びを促すアクティブ・ラーニングや反転授業といった昨今の潮流に、ソニーのデジタルペーパーソリューションは、「書きながら考える」「考えを整理する」「理解する」という学びの基本の提供で、学生の主体的学びを支援。また、学内の富士通社製LMS(授業支援システム)との連携を強化し、効率的な学修環境を創出するとしている。

同システムの導入により、手書きの情報を無線LAN経由で教員と学生がやりとりしたり、手書きによる学修履歴の管理、蓄積したりすることが可能になる。手書きのコミュニケーションは、個々の学生の理解度の的確な把握につながり、講義内容や方法の改善と向上にも貢献することが期待される。

さらに、教員から学生への講義資料やレジュメ、課題の配付、レポートやテストの回収も、LMSを通して行うことができ、配付、回収にかかる作業を効率化しながら、添削作業のペーパーレス化も実現する。

関連URL

デジタルペーパー「DPT-RP1」

ソニービジネスソリューション

高校生向け学習支援クラウドサービス Classi dounyuukou 
1800校以上! 有料利用者数70万人を突破!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録