1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「i-FILTER」シリーズ、2016年度文教市場シェアで1位

2017年5月17日

「i-FILTER」シリーズ、2016年度文教市場シェアで1位

デジタルアーツは16日、富士キメラ総研が今年3月に発刊した調査報告書「エデュケーションマーケット2017」の校内設備・インフラの調査の中で、同社の「i-FILTER」シリーズがWebフィルタリングツールの国内文教市場のシェア40.7%を占め、1位を獲得したと発表した。

「i-FILTER」は、情報漏洩対策とWebの有効利用のための企業向けWebフィルタリングソフト。デジタルアーツの「i-FILTER」シリーズは、国内最大級のWebフィルタリグデータベースを誇り、全国の学校・教育機関の6割以上が導入しているという。

プロキシ型Webフィルタリングに加え、タブレット端末導入に向けて文部科学省が予算を打ち出していることから、タブレット端末に対応したクラウド型「i-FILTER ブラウザー&クラウド」も全国で導入が進み始めているという。

富士キメラ総研によると、教育機関におけるタブレット端末の整備率が上昇しており、モバイル端末管理としてのMDMの需要が増加傾向にある中、「デジタルアーツはMDMなど他種製品向けのOEM提供でも実績を伸ばしている。」と分析している。

今後、文教市場は教育ICT環境の整備の進展に伴い、さらに拡大することが見込めることから、デジタルアーツは、プロキシ型「i-FILTER」は校務のセキュリティ対策として、クラウド型「i-FILTER ブラウザー&クラウド」は授業時のICT活用におけるセキュリティ対策として、より多くの学校に導入してもらい、マーケットシェアを拡大できるよう販売強化していくという。

関連URL

i-FILTER

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ