1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 超短焦点プロジェクターを大型ディスプレイのように使えるスタンド

2017年5月17日

超短焦点プロジェクターを大型ディスプレイのように使えるスタンド

サンワサプライは16日、リコー製超短焦点プロジェクターを設置し、大型ディスプレイのように使用できる専用プロジェクタースタンド「PR-12」を発売した。

0516-ssp1超短焦点プロジェクターをスクリーンの上部に設置できるので、省スペースでプレゼン環境を組むことができる。高さ1800~2200mmの間を自由に設定することが可能なため、画面を見えやすい高さに調整することができる。低く設定することで会議室や教室などからの移動時に便利。また、スクリーン部はホワイトボードとしても使用が可能で、中棚が付属し 機器などの設置もできる。

会議やセミナー、イベント等のビジネスの場や教育機関などで幅広く利用できるという。サイズは幅1200×奥行き750×高さ1800~2200mm。 標準価格は、25万7040円(税抜き 23万8000円)。

関連URL

短焦点プロジェクタースタンド PR-12

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 簡単設定・安心安全 学校のタブレットセキュリティ チエル WinKeeper TB
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録