1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 富士通クライアントコンピューティングが「DSC」に加盟

2017年5月19日

富士通クライアントコンピューティングが「DSC」に加盟

デジタルインクの普及やデジタル文具市場の発展を推進する非営利団体 「デジタルステーショナリー コンソーシアム (DSC)」は18日、富士通クライアントコンピューティングが、DSC運営の主導的な役割を担う「ボードメンバー」として加盟したと発表した。

DSCは2016年9月に設立されて以来、運営を主導する「ボードメンバー」と、デジタルインクの技術WILL(Wacom Ink Layer Language)のライセンスを受けてワーキンググループ等に参加し、ネットワーク拡充や情報入手ができる「プロモーターメンバー」の2種類の会員を募ってきた。

富士通クライアントコンピューティングがDSCに加盟することで、WILLを普遍的かつオープンで利便性の高いコンテンツ用フォーマットとして活用しながら、デジタルインクの普及推進への尽力が期待されるという。

DSCでは、「ディベロッパーエンゲージメント WG」「カスタマーユースケース WG」 「テクノロジー WG」の3つのワーキンググループを設置。

また、デジタル文具のもたらすイノベーションにより、誰もが手軽にアイデアをひらめき、形にし、共有できることを解説する2つのコンテンツを用意。「デジタル文具の用途と広がり」、「WILLが可能にするスムーズなデジタルインク体験」、「DSCに加盟して、デジタル文具化推進の一翼を担うには」といった観点から、情報を提供する。

DSCは、ワコムが提唱し2016年10月に設立されたデジタル文具の普及や市場の発展を推進する非営利団体。参加メンバー各社から製品、アプリケーション、サービスを含む実用的・魅力的な「エコシステム」が提供され、オープンパートナシップのもと、「デジタル文具」として定着・普及させていくことを目指し協力している。

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ