1. トップ
  2. データ・資料
  3. SNS疲れが減った理由は「使い分けの上達」、ジャストシステム調べ

2017年5月19日

SNS疲れが減った理由は「使い分けの上達」、ジャストシステム調べ

ジャストシステムは18日、SNS利用による「疲れ」や「ストレス」に関する実態調査の結果を発表した。それによると、3人に2人が利用し始めよりも「SNS疲れ」の頻度が減ったと回答、減った理由は「使い分けの上達」と答えている。

fa_report-snstired-20170518.pdf-000043調査によると、Facebook利用者のうち65.1%が「Facebook利用によるストレスがある」と回答。年代別でみると20代、30代は7割を超え、10代は半数以下であった。また、Instagram利用者のうちストレスを感じている人は48.0%で、10代、20代は半数以上、40代、50代は4割以下となった。

「SNS疲れ」を理由に1年前と比べて利用頻度が減ったSNSを訊ねたところ、LINEがトップで40.2%、次いでFacebook (39.6%)、Twitter (31.6%) であった。年代別では、10代ではLINE、20代、30代ではFacebookが最も多くなった。

3人に2人が利用し始めよりも「SNS疲れの頻度が減った」と回答。減った理由として、4割以上の人が「SNSに慣れて、自分なりの使い分けができるようになった」と答えた。次いで、「SNSに慣れて、一つひとつのSNSに対して自分なりの使い方ができるようになった」、「いいね!などのリアクションに対して過度な期待を持たないようになった」などが挙げられた。

調査は今月12日~14日に、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して行われた。対象は、スマートフォンを使用する全国の10代~50代の男女1005名。

関連URL

調査結果レポート

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ