1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 東京工科大の学生が心理ケアゲームの改善案をHIKARI Labに提案

2017年5月30日

東京工科大の学生が心理ケアゲームの改善案をHIKARI Labに提案

東京工科大学メディア学部ゲームデザイン演習を履修している学生たちが28日、HIKARI Labを訪問し、同社が提供する「認知行動療法を学ぶ心理ケアゲームSPARX」について提案を行った。

東京工科大学のみなさん

東京工科大学のみなさん

同企画は、東京工科大学の岸本好弘特任准教授の指導のもと「SPARXがどのようにしたらもっと売れるかについて考える」というテーマで、授業の一環として実施されたもので、学生らは全員2017年4月にSPARXの改善案を授業で発表し、選抜された5名がHIKARI Labオフィスで具体的な提案を行った。

その結果、ゲームとして最初に修正すべきだと考えられた「称賛演出の強化」を提案した宇於崎真さんが優勝。今後HIKARI Labでは、今回のアイデアをSPARXの改善に活かしていく予定となっている。

関連URL

SPARXダウンロード iPhone/iPad

SPARXダウンロード Android

HIKARI Labのカウンセリングサービス

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • アプリで英検対応 新試験に対応 EAST Co., Ltd.
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録