1. トップ
  2. ツール・教材
  3. タブレット画面などを電子黒板に投影できるHDMIコンバーター

2017年6月14日

タブレット画面などを電子黒板に投影できるHDMIコンバーター

エレコムは、タブレット端末やパソコンの画面を、ネットワーク経由でHDMI対応の電子黒板やディスプレイに表示できる、PoE受電対応HDMIコンバーター「ECB-G01HD」を6月下旬から発売する。

「ECB-G01HD」

「ECB-G01HD」

「ECB-G01HD」は、教室に設置してある無線アクセスポイントの有線LANポートと同製品を接続し、同製品のHDMIポートと電子黒板などをHDMIケーブルで接続することで、タブレット端末やパソコンが電子黒板から離れた位置にあっても、画面の内容を映し出すことができる。

同製品の電源は、付属のACアダプターからの給電だけでなく、LANケーブルを使って電源供給ができる「PoE受電(IEEE802.3af)」にも対応している。

既設のハブがPoE給電に対応している場合は、LANケーブルを接続するだけでそのまま利用可能。

教室の無線アクセスポイントが「PoEパススルー機能」に対応している場合は、無線アクセスポイント経由で給電することもできる。

教師用と生徒用の画面の切り替えや、複数の生徒の画面を分割して表示するなどの操作が行える、投影支援ソフト「ディスプレイ共有ユーティリティー」をエレコムのホームページで提供している。

標準で「3年保証」となっており、さらにユーザー登録と本製品の製品情報(シリアル番号等)を登録することで、さらに2年間の延長保証にも対応。

また、EU RoHS指令(特定有害物質使用制限指令)に準拠した環境にやさしい製品となっている。

関連URL

エレコム

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録