1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 鍼灸整骨院がICTを活用したスポーツコンディショニング管理事業を開始

2017年6月15日

鍼灸整骨院がICTを活用したスポーツコンディショニング管理事業を開始

鍼灸整骨院を運営し、トレーナー事業を展開しているケイズグループとICTソリューションによるスポーツ現場の新しい可能性を創造するCLIMB Factoryは14日、業務提携を行ない、スポーツ競技団体、プロチーム、高校・大学等の部活動の学生などのスポーツ現場へのICTを活用したコンディションの地域連携を開始すると発表した。

0615-ksスポーツの現場では、将来有望な選手に対して医学的知識を持ったトレーナーやコーチの数が足りず、選手たちが過度に負荷の高いトレーニングを行い、成長期の大切な時期にケガを負ってしまうなど、悔しい思いをするケースが増えているという。

こうした課題を背景に、ケイズグループとCLIMB Factoryは、選手のケガ予防、鍼灸整骨院のデータ不足解消のための取り組みを開始する。

ケイズグループはCLIMB Factoryの提供する選手管理システム「CLIMB DB」・選手の成長を効率的に支える部活動のマルチサポートシステム「Atleta(アトレータ)」を利用し、選手のケガに至るまでのコンディショニングデータ(=選手の朝の体調や体重の推移、練習による疲労感など、パフォーマンスに関わる選手情報)を自身のスマートフォンやPCを通して入手できるようする。

入手したコンディショニングデータをもとに治療プログラムを組み、ケガ情報や治療内容はすべて「CLIMB DB」・「Atleta」に蓄積する。既に「CLIMB DB」・「Atleta」を導入している学校の選手が近隣のケイズグループ店舗に行くと、コンディショニングデータを参考に指導を受けられるようになる。

ケイズグループのスタッフはケガの状態、経過観察などを「CLIMB DB」・「Atleta」に直接書き込み、選手・学校側にフィードバック。学校側は選手の状態を把握することができ、選手は何故ケガを負ったのか、これまでのコンディショニングデータをもとにケイズグループのスタッフからフィードバックを受けられるようになる。

柔道整復師・鍼灸師などの国家資格を保有するケイズグループのスタッフは、コンディショニングデータを活用した治療を施すことで、選手のケガの予防とコンディション管理に努めるという。

関連URL

ケイズグループ

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録