1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アプリ「みんチャレ」と「Clear」が学習の習慣化にサービス連携

2017年6月16日

アプリ「みんチャレ」と「Clear」が学習の習慣化にサービス連携

楽しく続く習慣化アプリ「みんチャレ」を運営するエーテンラボは15日、150万ページのノートが共有されるアプリ「Clear」を運営するアルクテラスとサービス連携すると発表した。

この連携に伴い、「みんチャレ」内に、「Clear」ユーザー同士でチームを組んでお互いに励まし合いながら、受験勉強や予習復習の習慣を身につける「Clear公式チャレンジ」を開設した。d24217-5-511850-0

「みんチャレ」は、「新しく何かを始めたいけど続かない」という誰しも持ったことがある課題を、匿名の5人1組のチームで習慣化にチャレンジする行動変容技術を使ったサービスで解決。今まで20万人以上の利用者の習慣化をサポートしてきた。

その取り組みの中で同じサービスを使う人同士のチームは習慣化成功率が高い傾向があり、「みんチャレ」内の学習カテゴリーのチーム内でも「Clear」ユーザーが作ったチームが複数できていた。

一方の「Clear」は、学習の疑問を楽しく効率的に解決することを目的に、他のユーザーが公開した勉強ノートを参考にすることができるサービス。2014年4月の正式オープン以来、日本とアジア各国(中国、インドネシア、タイ、台湾)で140万人にダウンロードされ、150万ページのノートが公開されている。

これまでに「Clear」の中でもユーザー同士が少人数のグループを築いて、励まし合いながら学習することで継続的な学習を実現していることが分かっているという。

今回のサービス連携では、「みんチャレ」内に「Clear 公式チャレンジ」を開設し、利用者に向けて「Clear」を薦め、「Clear」利用者同士の習慣化をサポートする。「Clear」の利用者は、連携画面から「みんチャレ」アプリをダウンロードできる。

利用者は、「みんチャレ」と「Clear」を併用することでチームの仲間の頑張りや行動を参考にしたり励まし合ったりして、さらに学習の継続を促進することができるという。

関連URL

エーテンラボ

ClassiのIDひとつで!さまざまな教育サービスを利用可能にする Classiプラットフォーム 2018年4月よりスタート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録