1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. いじめ相談・匿名で報告「STOPit」を東京学芸大附属高が導入

2017年6月26日

いじめ相談・匿名で報告「STOPit」を東京学芸大附属高が導入

ストップイットジャパンは23日、「STOPit」プラットフォームの導入校として東京学芸大学附属高等学校が決定したと発表した。

d19347-6-735052-0「STOPit」プラットフォームは、いじめ等の不適切な行為を受けている、もしくは目撃した人が匿名で学校等の組織担当者に報告・相談ができる「STOPitモバイルアプリ」と、報告・相談を受けた担当者が適切に管理・対応できる効率的な管理ツール「DOCUMENTit」から構成されている。

「STOPitモバイルアプリ」は、シンプルなインターフェースに、メッセージや画像、動画等を使い現実社会やオンライン上での出来事を簡単に報告・相談できるツール。基本的にユーザー(児童・生徒)自身のスマートフォンやタブレットにアプリをダウンロードして使用できる(iOS、Androidに対応)。ユーザーがスマートフォンやタブレットを所有していない場合でも、PCなどブラウザに接続できる環境があれば専用ページからログインして報告が可能。たとえば学校の共用PCや支給タブレットでも報告することができる。

「DOCUMENTit」は、担当者が報告・相談を受けたさまざまな出来事を効率よく管理・対応できるツール。個々の出来事に種類やタグ、担当者等を設定し、アラート等のカスタマイズできる。必要に応じて組織内外の他者(保護者、教育委員会、警察等)に共有・引き継ぎも行うことができ、従来の管理方法と比べて大幅な業務負担削減も実現する。

さらに、メッセンジャー機能で、アプリユーザーは匿名のまま組織担当者とチャットができる。より詳しい状況をアプリユーザーと組織担当者が共有でき、より迅速な解決につなげられる。「DOCUMENTit」はブラウザからのログインで利用可能、専用ソフトのインストールは不要。

日本では24校約1万2000人が「STOPit」プラットフォーム導入。米国では約6000校266万人が導入しているという。

関連URL

東京学芸大学附属高等学校

ストップイットジャパン

ClassiのIDひとつで!さまざまな教育サービスを利用可能にする Classiプラットフォーム 2018年4月よりスタート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録