1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 人工知能搭載ロボット「Kibiro」個人向けコミュニケーション機能を強化

2017年6月29日

人工知能搭載ロボット「Kibiro」個人向けコミュニケーション機能を強化

FRONTEOは28日、個人向けに販売している人工知能「KIBIT」搭載ロボット「Kibiro (キビロ)」のコミュニケーション機能を強化したと発表した。

d6776-177-884486-0今回の強化は、Kibiroとのコミュニケーションをより楽しむための機能を追加したもので、既存または新規のKibiroユーザーは、AppStoreで公開されているバージョンアップ版のアプリ (iOS版のみ、Android版は後日公開の予定) を使って、新しい機能を利用することができる。

機能追加により、チャット感覚で入力したセリフをKibiroがそのまま話すことができるようになった。また、ユーザーがKibiroに話してもらいたいコトバを自由に設定することができ、覚えたコトバに対する返事もあらかじめ登録できるので、期待通りのコミュニケーションを演出したり、合言葉のような感覚でユーザーとKibiroだけの対話を楽しむこともできる。

さらに「おはなしモード」で待機させておくと、機能の切り替えなどが必要なく、いつでもKibiroとすぐにおしゃべりができるようになった。

関連URL

Kibiro

iOS版アプリ

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録