1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 『できるシリーズ』から子ども向けプログラミング書籍が登場

2017年7月12日

『できるシリーズ』から子ども向けプログラミング書籍が登場

インプレスは、Scratchでゲームを作りながらプログラミングの方法と概念が学べる『できるキッズ 子どもと学ぶ Scratch プログラミング入門』を13日に発売する。

Amazonの解説

同書はプログラミングを初めて学ぶ親子のための1冊。キーボードやアルファベットに不慣れな子どもでも簡単に操作できるScratchを使い、ゲームを作りながらプログラミングを学んでいく。Scratchは、米マサチューセッツ工科大学が開発した教育用のプログラミング環境で、ブロックを組み合わせてプログラミングする「ブロックプログラミング」として知られており、インターネットに接続できるパソコンがあれば、どこでも無料でプログラムの作成ができる。

Scratchでのプログラミングを解説するにあたって「できるシリーズ」のノウハウを生かし、すべての手順を画面付きで掲載した。誌面の通りに操作するだけで、すぐにプログラミングを覚えられる。また、レッスンごとに無料の練習用ファイルをダウンロードできるので、途中のレッスンから学習を再開した場合でも、スムーズに読み進められるという。さらに、プログラミングの理解を深めるための用語集や、プログラミングのコード表も巻末に収録した。

著者の竹林暁氏と澤田千代子氏は、子ども向けプログラミングスクール「TENTO (テント)」の現役講師であり、小学生から高校生まで幅広い年代にプログラミングを教えている。スクールで培ったノウハウをもとに、初めて学ぶ人が間違えやすいところや分かりにくいところをていねいに解説している。

価格は1880円、電子版はインプレス直販参考価格で1690円 (いずれも税別) 。

関連URL

書籍情報ページ

TENTO

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録