1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. VRプロアカデミー、「Unity認定試験」を10月実施

2017年7月27日

VRプロアカデミー、「Unity認定試験」を10月実施

バーチャルリアリティ(VR)専門の教育機関「VRプロフェッショナルアカデミー」は26日、日本でいち早く「Unity公式認定試験」を10月14日に東京・お茶の水で開催すると発表した。

0727-vr
また、VRアカデミーではUnity認定試験の問題を分析し、問題の傾向や出題範囲、そして学習方法などをまとめた「Unity試験合格対策講座」も実施する。

Unityはゲーム開発の世界標準のメジャーな開発ツール。ゲームのみならず、VR/ARコンテンツなどのソフト開発に幅広く利用されている。

特にゲーム開発の現場において必要とされる、Unityに関する知識と技能が一定水準に達していることを、米国Unity Technologies本部が認定する公式の試験がUnity認定試験。

認定試験は業界で必要なスキルを基準に作られているので、認定取得者は単なるUnityオペレータではなく、ゲームデザインや業界に関する基礎知識を持ち、現場で活躍できるだけのポテンシャルを持った存在として認められる内容になっている。

Unity認定試験の試験時間は90分で、問題数は100問。合格基準は正答数70%以上。出題形式は選択問題、マッチング問題、カーソル問題。試験価格は2万4000円(税抜)。

「試験合格対策講座」概要

日時:<第1回>【対策講座】10月7日(土)10:00~12:00【認定試験】10月14日(土)9:00~12:00
<第2回>【対策講座】10月21日(土)10:00~12:00【認定試験】10月28日(土)9:00~12:00
定員:各回30人
講座受講料:1000円(税抜)
Unity認定試験料:2万4000円(税抜)
試験会場:VRプロフェッショナルアカデミー・お茶の水校

関連URL

Unity公式認定試験

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • アプリで英検対応 新試験に対応 EAST Co., Ltd.
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録