1. トップ
  2. データ・資料
  3. 「電子書籍ビジネス調査報告書2017」5年後に3500億円市場へ

2017年7月28日

「電子書籍ビジネス調査報告書2017」5年後に3500億円市場へ

インプレス総合研究所は、新産業調査レポート「電子書籍ビジネス調査報告書2017」を31日に発売する。それに先駆け、27日に一部の調査結果を発表した。

同調査は、通信事業者・出版社・電子書籍ストア・取次事業者・ポータルサイト・コンテンツプロバイダーなどの主要な電子書籍関連事業者へのヒアリング調査、ユーザーへのアンケート調査などを分析したもので、2003年に第1号を発行以来、今年で15年目を迎える。

電子書籍・電子雑誌の市場規模予測

電子書籍・電子雑誌の市場規模予測

それによると、2016年度の電子書籍市場規模は前年比24.7%増の1976億円、電子雑誌市場規模は前年比24.8%増の302億円と推計される。電子書籍市場は今後も拡大基調で、2021年には3120億円となり、電子雑誌市場規模440億円と合わせた電子出版市場は3560億円程度になると予測される。

2016年度の電子コミック市場規模は、前年度から340億円増加の1617億円で、市場の8割を占めた。モバイルユーザーに対して電子書籍の利用率を調査したところ、有料の電子書籍利用率は昨年から1.1ポイント増の17.6%となった。また、有料電子書籍利用者の月額課金制読み放題サービスの利用率は17.5%で、「利用したい」「興味はある」まで合わせると58.0%となる。

2016年度の無料マンガアプリ広告市場は78億円、引き続き拡大が見込まれ、2017年度には101億円に拡大すると予測される。無料マンガアプリの利用頻度は「1日に1回以上」が32.7%、「週に1回以上」は67.4%と高い結果となっており、利用頻度は昨年度調査よりも高まっている。

関連URL

電子書籍ビジネス調査報告書2017

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 簡単設定・安心安全 学校のタブレットセキュリティ チエル WinKeeper TB
  • アプリで英検対応 新試験に対応 EAST Co., Ltd.
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録