1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. プロキッズとスイッチエデュケーションが「micro:bit」で業務提携

2017年7月28日

プロキッズとスイッチエデュケーションが「micro:bit」で業務提携

子ども向けプログラミング教育を行うプロキッズは27日、教育向けのマイコンボード「micro:bit」を販売するスイッチエデュケーションと事業提携したと発表した。

0728-eb

「micro:bit」表面(左)、裏面(右)

「micro:bit」は、イギリスのBBC(英国放送協会)が主体となって作っている教育向けマイコンボード。イギリスのすべての11歳と12歳の子どもたちに無料配布され、世界中で販売されている。このほど、スイッチエデュケーションが日本での販売を開始した。

「micro:bit」には、25個のLEDと2つのボタンスイッチ、加速度センサーやコンパス、温度計などが付いている。専用のブロックエディタでプログラミングし、コントロールできる。1個2160円(税込)と手ごろな価格設定。また、外部に様々な機器を接続することで、たくさんのモノを作ることができる。

今回の業務提携で、「micro:bit」に関する教材開発をプロキッズが担い、「micro:bit」の販売からサポートまでをスイッチエデュケーションが行う。

また、スイッチエデュケーションは、2020年からの小学校でのプログラミング教育必修化に向け、世界で実践されるSTEM教育を日本のすべての子ども達へ「micro:bit」の販売を通じて普及していく考えだという。

関連URL

プロキッズ

スイッチエデュケーション

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録