1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. キャスタリア、小中学生向けプログラミング学習環境『SwiftSwitch』公開

2017年8月3日

キャスタリア、小中学生向けプログラミング学習環境『SwiftSwitch』公開

キャスタリアは2日、QUANTUMの協力を得て開発した、小中学生の初学者向けプログラミング学習環境『SwiftSwitch』を公開した。

0803-ss
ブラウザ専用ツールである『SwiftSwitch』は、OSを問わず使用でき、親しみやすいキャラクターとストーリーによって、ゲームを進める感覚で楽しみながらプログラミングを学習できる。

最大の強みは、Swift というひとつの言語を使用して、ブロックプログラミングとコードプログラミングの両方を学習できること。ステージの始めに、ブロックモードとコードモードとを「Switch=切り替え」することができる。

『SwiftSwitch』では、ブロック表記とコード表記とを、Switch ボタンによって切り替えられるようにすることで、Swift というひとつの言語を通じてこれらを習熟することを可能にした。

関連URL

SwiftSwitch

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録