1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. これからの習い事「英会話」「プログラミング」が浮上、明光義塾調べ

2017年9月11日

これからの習い事「英会話」「プログラミング」が浮上、明光義塾調べ

個人指導の学習塾「明光義塾」を全国展開する明光ネットワークジャパンは、小学生の子どもをもつ全国の保護者500人を対象に、放課後の過ごし方に関するアンケート調査を実施。8日、その結果をまとめ発表した。

Clipboard013-480x272それによると、放課後、子どもが留守番や習い事など、家族と離れて過ごす平均時間を聞いたところ、「1~2時間未満」との回答が最も多く29.2%。次いで「2~3時間未満」が23.2%、「30分~1時間未満」が19.0%だった。

また、専業主婦(夫)の家庭では1時間以上離れて過ごす場合が54.4%に対して、共働き家庭では77.6%と20ポイント以上の開きがあることも分かった。

子どもが放課後どのような習い事(塾・クラブ活動を含む)をしているかの質問には、第1位「水泳」28.6%、第2位「塾」27.8%、第3位「ピアノ、音楽教室」24.2%と、安定した人気の習い事が上位にランクインした。

Clipboard041-480x213これから子どもを通わせたい習い事には、「塾」28.0%、「英会話教室」24.2%、「水泳」19.2%に続き、「プログラミング」15.6%が上位に浮上。現在通っている習い事調査では、実際にプログラミング教室に通っている割合が4.8%であったのと比較すると、子どもの習い事として、多くの保護者がプログラミングに注目していることが分かる。

「子どもを塾に通わせている」、もしくは「子どもを今後塾に通わせたい」と回答した保護者279人を対象に、成績向上・受験対策以外に塾に求めることで最も多かったのが、「勉強の仕方や学習習慣が身につく」79.9%。次いで「自分自身で考える力が身につく」66.7%、「子どものやる気を引き出してくれる」62.7%だった。

子どもが放課後に何らかの習い事をしていると回答した保護者に、習い事へ通う頻度をそれぞれ聞いたところ、全ての習い事において「週1~2回」が最多回答。

また、子どもが放課後を「とても有意義に過ごしていると思う」と回答した保護者が16.0%、「どちらかというと有意義に過ごしていると思う」との回答が52.2%だった。

関連URL

明光ネットワークジャパン

ClassiのIDひとつで!さまざまな教育サービスを利用可能にする Classiプラットフォーム 2018年4月よりスタート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録