1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 八洲学園大学、eラーニングによる学校司書の養成プログラムを開始

2017年9月22日

八洲学園大学、eラーニングによる学校司書の養成プログラムを開始

通信制の八洲学園大学は21日、「学校図書館専門職養成 基礎プログラム」を、2018年4月1日から開始すると発表した。

野口 久美子 准教授

野口 久美子 准教授

同プログラムは、通信制大学という強みを活かし、インターネットを通じて自宅などで養成プログラムが修了できる。

また、学校図書館や子どもの読書活動を研究する野口久美子准教授を中心に、学校図書館で役立つ「実践力」を習得できる。図書館司書や学校図書館司書教諭などの資格取得者も受講可能。プログラムの詳細は2017年中に発表予定。

同プログラムは、学校図書館の活性化のため「学校司書」養成の方向性を示した文部科学省による「学校司書のモデルカリキュラム」の提示を受け開講するもの。

八洲学園大学は、2004年に通信制大学として開学し、日本で初めてeラーニングを利用して学位や図書館司書などの国家資格取得を実現。通信制大学としては珍しい就職支援も実施し、eラーニングによる支援を展開している。

関連URL

学校図書館専門職養成 基礎プログラム

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録