1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AtCoder、プログラミングコンテスト参加者が1万人を突破

2017年9月26日

AtCoder、プログラミングコンテスト参加者が1万人を突破

AtCoderは25日、同社の運営するプログラミングコンテスト「AtCoder」の参加者が1万人の大台を突破したと発表した。

d28415-3-139762-1AtCoderは、毎週1回~2回、2時間程度のプログラミングコンテストを行っているインターネットサービス。昨年6月までは日本語のみでコンテストを提供していたが、7月にリニューアルを行い、日英同時提供を開始した。このほど、コンテストにリアルタイムに参加した上で、期間内にプログラムの提出を行ったことのあるユーザ数が24日現在で1万82人となった。

そのうち日本からの参加者は4836人、次いで中国が2052人、さらにインド、ロシアと続いた。これまで開催していた通常コンテストの「AtCoder Regular Contest」と初心者・初級者向けコンテストの「AtCoder Beginner Contest」に加え、海外参加者向けのハイレベルコンテスト「AtCoder Grand Contest」を定期的に開催していくことで、海外への広告掲載などなしにユーザを獲得することに成功したと同社では考えている。

また、サービス登録者数も3万7000人を突破し、1年でおよそ2倍となった。国内参加者もおよそ1.5倍と順調に増加して2万7000人近くに達し、昨年6月時点ではわずか100人程度だった海外参加者はここ1年で急激に増加して1万人を超えた。同社は、今年9月現在、短時間で問題を解いていく形式の定期プログラミングコンテストサービスの中では、世界で5番手の規模に成長したと見ている。

関連URL

AtCoder

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録