1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 神戸新聞社、新聞作成アプリ「ことまど」を開発

2017年9月29日

神戸新聞社、新聞作成アプリ「ことまど」を開発

神戸新聞社は27日、新聞作成アプリ「ことまど」を発表した。

00
「ことまど」は、タブレットやPCなどで簡単に新聞を作り、学習成果を広く伝えることができるよう、同社が開発したクラウド型アプリ。兵庫県を中心に、海外の日本人学校なども含め、小中高で数千人の児童生徒に試してもらっているという。

来春からは、学校教育現場には年度ごとに1人200円で提供する。教育委員会単位での申込の場合、1000人以上は1人190円、5000人以上は1人180円。個人申込は受付けていないが、地域イベントや生涯学習など、各種シーンでの利用も始まっている。

「ことまど」は、ネットからアクセスし、IDとパスワードを入力してログインすることで簡単に操作できる。ネット環境があれば、端末を問わず使用可能。校外などで取材し、レイアウトのパターンを選び、記事や見出しの入力をすれば自動で紙面が組み上がる。

取り込んだ写真はトリミングが可能。出来上がった紙面はPDFファイルに変換し、印刷や保存もできる。また、PDFには固有のURLが発行可能で、互いに発表しやすい機能を備えている。グループで1枚の新聞を作成する場合、各自の端末から同時に作業できることも特長で、調べ学習の成果をまとめたり、遠足の様子を報告したりする際など幅広く活用できる。

児童生徒が作った新聞を管理する「先生アカウント」では、製作の進行状況も確認できる。

学校などで新聞を教材として活用するNIE(Newspaper in Education)とICTを掛け合わせ、書く力や伝える力を学ぶ授業で効果を期待できる。

関連URL

ことまど

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録