1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. インヴェンティット、「MobiConnec」最新バージョンをリリース

2017年10月3日

インヴェンティット、「MobiConnec」最新バージョンをリリース

インヴェンティットは2日、MDM(*1)サービス「MobiConnect(モビコネクト)」の最新バージョンをリリースしたと発表した。

本バージョン(Ver.26)では、位置情報をトリガーとしたデバイス制御を行うゾーニングアクション機能と、管理者が選んだアプリ一覧からユーザー自身がアプリを選択・インストールできるmobiAppsオンデマンド機能の新機能を提供開始した。

ゾーニングアクション機能 利用例

ゾーニングアクション機能 利用例

ゾーニングアクション機能とは、位置情報をトリガーとしてデバイス制御を行う新しい機能のこと。指定したWi-Fiエリア(SSIDによる特定)への進入または退出を自動で検出し、その条件に応じたアクションを実行することができる。また、検出から実行までの処理は、デバイス内のアプリで完結する仕様になっているため、デバイスがインターネットに接続されていないオフライン状態でも実行可能。アクションは、ロック、サイレン、初期化、個別データ削除、フィーチャーセットの適用などが選択可能。

mobiAppsオンデマンド機能

mobiAppsオンデマンド機能

mobiAppsオンデマンド機能は、管理者が選んだアプリの一覧から、利用者自身がインストールするアプリを選択することができる新しい機能。インストールするアプリは、mobiAppsから配信され、管理対象Appとして管理可能。App Storeを閉じた状態でも利用者は一覧からアプリのインストールが可能。

*1:MDM(Mobile Device Management/モバイルデバイス管理)とは、スマートフォンやタブレットに対して、端末紛失・盗難時の情報漏えい対策機能や、デバイスの導入・運用・管理を効率化するための機能などを提供するサービス。

関連URL

MobiConnect

ClassiのIDひとつで!さまざまな教育サービスを利用可能にする Classiプラットフォーム 2018年4月よりスタート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録