1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. アプリを問わないAIのリアルタイム翻訳機能が103カ国語翻訳に対応

2017年10月11日

アプリを問わないAIのリアルタイム翻訳機能が103カ国語翻訳に対応

BRAINは10日、アプリやサービスなど環境を問わないAIによる自動応対型マルチコミュニケーションプラットフォーム「SMART INTELLIGENCE NETWORK」の開発を完了したと発表した。

d28679-8-353642-0同システムのリアルタイム翻訳機能を利用することにより、LINEやFacebook、SMS、MMSなどのメッセージサービスにおいて、追加でアプリやサービスを入れることなく、会話の途中に言語を指定することでコミュニケーションが自動的に翻訳され、103カ国語の会話応対が可能になる。

人工知能を応対の間に取り入れれば、曖昧だった内容を具体的な要件に自動的に取りまとめ、顧客応対品質を向上させることができるほか、日本語からの翻訳はもちろん、英語から韓国語など日本語以外の翻訳も可能なので、多くの人が集う商品やサービス、教育、カスタマーサービスなどでの活用が期待される。

現在は、一般向けに同社Line@、FacebookPageのメッセージ応対、SMSで試験利用できる状態になっている。会話途中に「英語に変更」とメッセージを送ると会話言語が変更となり、「日本語に変更」とメッセージすると日本語に戻るようになっている。その他、「ニュース」とメッセージするとニュース検索ができたり、画像を添付して送ると、画像が持つパラメータと類似画像があれば合わせて送り返すようになっている。

システムの公開環境

Facebook(FB Pageにメッセージを送付)

Line@(同社アカウントを友達登録)

SMSは下記番号にメッセージを送付
+16466528048

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録