1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. カスペルスキーと静岡大、情報セキュリティ啓発教材を無償配布

2017年10月19日

カスペルスキーと静岡大、情報セキュリティ啓発教材を無償配布

カスペルスキーは18日、主に中学生を対象としたセキュリティ啓発教材「ネットの『あやしい』を見きわめよう」の無償ダウンロード提供を開始した。

カード教材例アプリの利用(表と裏)

カード教材例アプリの利用(表と裏)

同教材はカスペルスキーと静岡大学の塩田研究室が共同開発したもので、具体例をもとにしたカード形式の教材と指導用スライドを使い、子どもたちが危険なWebサイトやアプリを判断する力をつけられるよう工夫されており、学校の1コマの授業で実施できるようになっている。

生徒が使う各カードの表面には、インターネット利用時に身近で起こり得る状況が記載され、裏面にはその具体的なスマートフォン画面が提示されている。生徒はその画面内容が怪しいか怪しくないかを判断し、グループでディスカッションを行う。教員は説明スライドに沿って、カードごとに具体的に記載された気をつけるべきポイントを説明しながら、答え合わせをしていく。

また、ワークシートには個人情報が流出した場合にどのようなトラブルが起きるかを考えさせる項目があり、生徒は授業を通してインターネットを安全に利用するための判断力を身につけることができるようになっている。目で見て判断できる怪しさには限界があり、目に見えない怪しさに対してはOSをつねに最新の状態にすることや、セキュリティ対策ソフトを利用する重要性も学べる。

教材の概要

対 象 : 主に中学生 (小学校高学年、高校生も利用できる)
実施時間 : 約50分 (1コマの授業で実施)
利 用 : 無償

教材のダウンロード

ClassiのIDひとつで!さまざまな教育サービスを利用可能にする Classiプラットフォーム 2018年4月よりスタート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録