1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 秀英予備校、デジタル・ナレッジが提供する人工知能技術を採用

2017年10月26日

秀英予備校、デジタル・ナレッジが提供する人工知能技術を採用

秀英予備校は25日、小学生向け学習サービスの英語教科で、デジタル・ナレッジが提供する、人工知能を活用した教材作成機能「AI Training+(エーアイ トレーニング プラス)」の採用を決定したと発表した。

d12383-213-123306-2「AI Training+」は、AI技術を活用したトレーニング型教材作成機能。同システムに教材を登録し出題設定することで、例えば、講師一人では対応が難しい発話や書き取りの訓練を同システムがアシスタントとなり、講師を強力に支援する。

なお、導入はまず現小学4年生、5年生を対象に実証実験を開始。同システムの実装で教育効果の検証、さらなる利便性向上を図り、導入に向けた活用を目指す。利用開始は12月の予定。

「AI Training+」は、テキストを人間のネイティブに近い発音で音声化するので、あたかも人間が読み上げたような長文や会話文の音声教材が作成できる。また、学習者の英語の発音を取り込み、テキスト化することができる。学習者が手書きで書いた英文を画像認識した上で、テキスト化することも可能。

学習者の発音や手書きの英文をもとにテキスト化された回答と、あらかじめAIに学習させておいた正解との意味類似を提示したり、文法チェックの結果も提示する。

関連URL

AI Training+

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録