1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 中部電力など、LPWAを活用した「児童の見守りサービス」の実証実験

2017年10月31日

中部電力など、LPWAを活用した「児童の見守りサービス」の実証実験

中部電力、KDDI、豊田市は、新しいIoT向け通信技術であるLPWAを活用した「児童の見守りサービス」の実証実験を、11月1日から豊田市立中山小学校の学区内において開始する。

LPWA (Low Power Wide Area) とは、通信速度を低速に制限することで、低消費電力、広い通信エリア、さらに通信端末の低価格化を実現する無線通信方式。今回の実証実験の対象となるサービスは中部電力が主体となって開発を進めているもので、児童が携帯する小型通信端末で測位した位置情報を、LPWAを活用してサーバーに送信することで、児童の家族のスマートフォンやPCから児童の位置情報を確認できる仕組み。

中部電力は、同実証実験で専用WEB画面の開発や実証運営を行う。KDDIは同実証実験の開始にあたり、LPWAの通信網を学区内に整備している。また、豊田市は同実証実験を「豊田市つながる社会実証推進協議会」の活動に位置づけ、関係箇所との調整などの実証支援を行っていく。

中部電力では、同実証実験を通じて、児童の見守りサービスの利用者の声を聞き、地域の安心・安全につながるサービスの早期提供を目指していきたいとしている。

実証実験の概要

実証期間 : 2017年11月1日~30日
実証エリア : 豊田市立中山小学校 [豊田市西中山町蔵屋敷61] の学区内
対 象 : 中山小学校の児童約60名とその家族

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録