1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Apple、GarageBandのメジャーアップデートを発表

2017年11月6日

Apple、GarageBandのメジャーアップデートを発表

Appleは2日、iOSのためのGarageBandのメジャーアップデートを発表した。

1106-ap

GarageBand

新しいGarageBandには、iPhoneやiPadで取り組む音楽制作にさらにクリエイティブな機能が加わる。今回のアップデートでは新たにGarageBandサウンドライブラリが追加され、新しい楽器やループを収録したさまざまなサウンドパック(無料)を選んでダウンロードできるようになった。

また、新しいGarageBandには、新たにアジアの楽器のTouch Instrumentと、新たに6名のプレイヤーを加えたDrummerのアップデートも含まれている。

GarageBandサウンドライブラリを利用すれば、Appleがデザインした新しいサ
ウンド(音色)や楽器をアプリケーション内で試聴してダウンロードできる。

ダウンロードで入手できる無料のサウンドパックには、多彩なTouch Instrument、Apple Loops、Live Loopsのテンプレート、ギターや楽器のプリセットなどが含まれている。

サウンドライブラリにはGarageBand内の複数の場所からアクセスできるほか、新しいサウンドパックが利用可能になると通知も受け取れるようになった。初期導入されるサウンドパックには、Future Bass、レゲトン、ビートシーケンサーのキット、ギターアンプの設定(音色)などが含まれている。新しいサウンドパックは、Appleから定期的にリリースされる。

新しいソフトウェア音源のビートシーケンサーでは、ビートメイキングがいっそう面白いものになる。様々なジャンルに対応するクラシックおよびモダン電子ドラムキットのコレクションから気に入ったドラムサウンドを選ぶことができる。ビートシーケンサーでは、シンプルかつパワフルなビンテージドラムマシンの演奏手法にそって、複数のドラムおよびパーカッショントラックを個別にコントロールできるステップシーケンサーのインターフェイスを使いながら、素早くグルーブを組み立てたり編集したりできる。

Appleがデザインした12種類のドラムキットから自由に選んで、各々に用意された固有のサウンドと25種類のビートパターンを活用できる。

最新のGarageBandでは、新しいTouch Instrumentを通じてアジアの音色、伝統的な和楽器の琴や太鼓、中国の古筝(こそう)も体験できる。マルチタッチのジェスチャーにより、弦をはじいたり、たわませたり、個々の太鼓の異なる部分を鳴らしたりして、リアルかつ表現力にあふれた演奏を簡単に作り出せる。

新しい3人のドラマーは、Pop、Songwriter、Latinの各スタイルで、それぞれボンゴ、カホン、ウッドブロック、カウベルのような楽器で構成された特色あるパーカッションキットを使って、パーカッションを演奏してくれる。また、Rock、Alternativeに特化したビートを、アコースティックドラムで叩き出す別の3人のドラマーも新たに追加されている。

iOSのためのGarageBand最新バージョン(GarageBand 2.3 for iOS)は11月2日
から、App Storeで無料でダウンロードできる。最新バージョンのGarageBandの利用には、iOS 11が稼働するiPhone 5s以降、iPad mini 2以降、第6世代のiPod Touchが必要。

関連URL

GarageBand

Classi 悩める先生のための実践アクティブ・ラーニング ワークショップ 参加無料 12.23 先着100名 お申込み締切12/15 お申し込みはこちら
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録